(第1回)ナチュラル・リーディング講座

今回から、ナチュラル・リーディングの講座を行っていきます。
といっても、もちろん無料です(笑)。

えっ!こんな方法で・・・
と驚く方も多いと思いますが、安心してください。
ネイティブチェックも入っていますし、
高校2年で英検1級に見事合格した生徒もいます。

今日は1回目なので
イェール大学教授で言語学博士として国際的に有名な、
Wiliam A. Vanceが日本の英語事情を見て
述べたこの引用から見てください。

特にショックを受けたもの中に、英語を聞いているだけで、
みるみるリスニングがよくなるとか、
自然と英語がしゃべれるようになるといった教材があります。
残念ながらこのようなことは12歳以下の子供にしか起こりえません。
確かに12歳以下の子供は、耳から英語を学んでいくのです。
しかし大人の言語能力獲得は、そのような訳にはいきません。
最も早い上達法は、言語を生産するという創造的、
能動的なスピーキングと英語思考だと実証されています。
この組み合わせで、
リスニングも含めた他の英語能力も飛躍的に進歩します。
それに対して
リスニングと試験のための文法学習といった組み合わせでは、
スピーキング能力の向上をあまり望めません」

どうでしたか?
日本ではふつう中学3年間、高校3年間、大学2年間の計7年間
英語を勉強させられますが、
どれだけの人が自由に話せ、
読めるようになれるのでしょうかとても疑問です。

これは、あなたの努力が足りなかったのではもちろんなくて、
英語の勉強法が根本的に間違っていた(失礼!)からだった
ということなのです。

これからお話ししていく英語の学習法は、
今までの(世界でも日本独特の)文法学習とは、
かけ離れたもののように思われるかもしれません。

でも、国際標準です。
Native Speakerにとっては当り前のことなのです。
当たり前すぎて説明できないといった類のことなのです。

それでは、第2回目から内容に入っていきます。
まずは英語の「情報パッケージ」についてです。

お楽しみに。