(第3回)ナチュラル・リーディング講座

今回は、情報パッケージで切って、英文を前からスムーズに読んでいく練習をします。

今回の練習で身に付けてほしいのは次の3つです。

①情報パッケージで区切って、英文を前からスムーズに読む練習をする。
②thatの感覚を身につける。これは前回の復習です。身につけると英文がスムーズに読めるようになります。
③現在完了の感覚を身につける。

それでは、さっそく、練習をしていきましょう。

立ち止まったり、学校の授業のように前に戻って和訳しながら読まずに、
スムーズに英文に沿って読んでください。

わからない単語があっても、今は気にしなくてOKです。

Today, we believe that essential aspects of character are formed in childhood and adolescence. We understand the young have different needs and experience the world differently from adults. We can even see that adults themselves have been influenced by a modern emphasis on youth. However, historically this wasn't always so. The development of modern industrial societies has brought about a fundamental change in ideas about childhood and youth.
(2010年センター試験 第6問 第1段落)

どうでしたか?

次に、この文を情報パッケージで切って、前から読んで行った例を示します。

Today,(今日) / we believe (私たちは信じている)/ that essential aspects of character are formed (それは、性格の本質的な側面は形作られるということだ)/ in childhood and adolescence.(子供時代と青春期に)/ We understand(私たちは理解している) / the young have different needs(それは、若者は違うニーズを持っているということだ)/ and experience the world differently (そして、世界を違った風に体験する)/ from adults.(大人から)/ We can even see (私たちは見ることさえできる)/ that adults themselves have been influenced(それは、大人自身が影響を受けていることだ)) / by a modern emphasis on youth.(若者への現代の重視によって)/ However,(しかしながら)/ historically this wasn't always so.(歴史的に、これはいつもそうとは限らなかった)/ The development of modern industrial societies(現代の工業化社会の
発展は) / has brought about a fundamental change(根本的な変化をもたらしているのだ) / in ideas(考えの中で) / about childhood and youth.(子供時代と青春期について)。

こう読むと、「英語とは、まず重要なことを述べて、順に説明をペタペタと付け足していく言語である」ということがつかめて来ると思います。

のちの章で詳しく説明しますが、現在完了時制について簡単に触れておきます。
まず、adults themselves have been influenced(それは、大人自身が影響を受けていることだ)) と、has brought about a fundarnental change(根本的な変化をもたらした)の2か所に現在完了形が用いれています。

ところで、現在形の本当の意味は、「何となく現在のことを述べる」ということにあります。

一方、現在完了は、「完了・経験・継続・結果」の4つの用法があり、それぞれの用法を覚え、かつ、しっかりと訳し分けること」などと学校などで習います。しかし、こんなお経は今すぐ忘れてください。

ネイティブスピーカーは、そんな複雑なことをいちいち考えながら現在完了を使い分けているわけではありません。

adults themselves have been influencedという現在完了の部分は、単になんとなく現在形で言うのではなく、「大人自身が影響を受けているのである」とうように、現在の状況を強めているのです。つまり、現在完了はあくまで現在形を強めたものなのです。

has brought about a fundarnental changeの部分も、「根本的な変化をもたらしているのだ」というように、現在の状況を強めているのです。

いいですね。「現在完了とは、現在を強めたものである」という、単にそれだけなんです。これは、重要なことなので、ぜひ覚えておいてください。

英語は、これだけ世界で広く使われているだけあって、シンプルな言語なんです。
ただ、だからと言って表現力が乏しいということはありません。
この辺は、4回目以降で徐々に深めていきます。

「まず和訳する」という学校の学習の癖から早く脱却して下さい。
シンプルで豊かな英語の世界が見えてきますよ。

それでは、今日のまとめです。

①英語は、情報パッケージでできていて、それを前から順に読んでいくことで本当の英語の構造に触れられる。
②that は、「それは、・・・・ということなんです」と、説明部分を指し示す役割をする。
③現在完了は、現在の状況を強めるためにつかう。

以上でした。

英語はシンプルです。
それを理解するには情報パッケージという考え方は欠かせません。

よく復習して、次回に臨んでください。

それでは。